胸腔鏡下交感神経遮断術と無痙攣性通電療法が著効した反射性交感神経性萎縮症の1症例 A case report of effective Endocoscopic thoracic sympathectomy and modified electroconvulsive therapy in a patient with RSD disease

この論文をさがす

著者

    • 塩谷 正弘
    • 関東逓信病院ペインクリニック科 Department of Pain Clinic, Kanto Teishin Hospital
    • 長沼 芳和
    • 関東逓信病院ペインクリニック科 Department of Pain Clinic, Kanto Teishin Hospital
    • 唐沢 秀武
    • 関東逓信病院ペインクリニック科 Department of Pain Clinic, Kanto Teishin Hospital
    • 立山 俊朗
    • 関東逓信病院ペインクリニック科 Department of Pain Clinic, Kanto Teishin Hospital
    • 小林 伊都子
    • 関東逓信病院ペインクリニック科 Department of Pain Clinic, Kanto Teishin Hospital
    • 豊川 秀樹
    • 関東逓信病院ペインクリニック科 Department of Pain Clinic, Kanto Teishin Hospital
    • 春名 優樹
    • 関東逓信病院ペインクリニック科 Department of Pain Clinic, Kanto Teishin Hospital

収録刊行物

  • Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌

    Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌 12(3), 51, 1997-12-06

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008730541
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10195934
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09158588
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ