NGFはB2受容体を介するプラジキニン反応をカプサイシン感受性細胞で誘発する Nerve growth factor increases sensitivity to bradykinin, mediated through B2 receptors, in capsaicin-sensitive neurons cultured from adult rat dorsal root ganglia.

この論文をさがす

著者

    • 笠井 聖仙 KASAI M
    • 名古屋大学・環境医学研究所・神経性調節分野 Dept. of Neural Reg., Res. Inst. of Environ. Med., Nagoya Univ.
    • 熊澤 孝朗 KUMAZAWA T
    • 名古屋大学・環境医学研究所・神経性調節分野 Dept. of Neural Reg., Res. Inst. of Environ. Med., Nagoya Univ.
    • 水村 和枝 MIZUMURA K
    • 名古屋大学・環境医学研究所・神経性調節分野 Dept. of Neural Reg., Res. Inst. of Environ. Med., Nagoya Univ.

収録刊行物

  • Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌

    Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌 12(3), 73, 1997-12-06

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008730563
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10195934
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09158588
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ