各種診断的交感神経ブロックで外科的交感神経遮断の長期的効果が予想できなかった CRPS の3例 Diagnostic sympathetic block cannot predict the long term efficacy of surgical sympathectomy in CRPS patients

この論文をさがす

著者

    • 清水 唯男 SHIMIZU Tadao
    • 大阪大学大学院研究科生体機能調節医学講座 Dept. of Acute Critical Medicine Osaka University Medical School
    • 橋本 典夫 HASHIMOTO Norio
    • 大阪大学大学院研究科生体機能調節医学講座 Dept. of Acute Critical Medicine Osaka University Medical School
    • 新藤 裕美 SHINDO Hiromi
    • 大阪大学大学院研究科生体機能調節医学講座 Dept. of Acute Critical Medicine Osaka University Medical School
    • 真下 節 MASHIMO Takashi
    • 大阪大学大学院研究科生体機能調節医学講座 Dept. of Acute Critical Medicine Osaka University Medical School

収録刊行物

  • Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌

    Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌 14(3), 61, 1999-12-11

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008730979
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10195934
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09158588
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ