Blind loop に発生した多発性潰瘍による腸管皮膚瘻の1例 A case of enterocutaneous fistula due to multiple intestinal ulcers in the blind loop

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は51歳男性.11歳時に虫垂切除,14歳時に腸閉塞にてバイパス手術の既往歴がある.昭和63年,右下腹部痛と黒色便を主訴に来院し,blind loopを指摘されるも放置.平成7年に腹部腫瘤を認め,同10年に同部から膿汁分泌を認めたため入院となった.各種画像検査にてblind loopとなった回腸の拡張と,同部との皮膚瘻が疑われた.手術所見では,回腸は嚢胞状に拡張し内腔に多発性潰瘍を認め,腹壁と膀胱に穿通していた.

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 99(6), 610-614, 2002-06-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008748245
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ