混合性結合組織病と慢性甲状腺炎を合併した自己免疫性肝炎の1例 A case of autoimmune hepatitis associated with mixed connective tissue disease and chronic thyroiditis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は42歳女性. 1980年に筋痛症, 手指の伸展障害を主訴に入院. ループス様紅斑, レイノー症状, 手指のソーセージ様腫脹, 筋原性酵素の上昇, 抗U1-RNP抗体強陽性, 抗Sm抗体陰性および筋生検所見より混合性結合組織病と診断した. 同時に甲状腺機能低下, 抗甲状腺マイクロゾーム抗体陽性より慢性甲状腺炎の合併と診断し, prednisolone および levothyroxine sodium による治療を開始した. Prednisolone は約6カ月間の服用にて漸減中止した. 1999年2月に肝機能異常が出現し, 抗核抗体2560倍, 抗平滑筋抗体80倍より自己免疫性肝炎の合併を考え肝生検を施行, 慢性活動性肝炎の存在が確認された. 治療前のCD4/CD8比は1.8と軽度異常であった. Prednisolone による治療により肝機能障害は速やかに改善した. 混合性結合組織病, 慢性甲状腺炎の診断後19年という長期経過観察中に自己免疫性肝炎を発症した症例であり, 示唆に富むと考え報告した.

収録刊行物

  • 肝臓

    肝臓 43(5), 232-237, 2002-05-25

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008748389
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ