ラミブジンによる薬疹が出現したB型慢性肝炎急性増悪の1例 A case of lamivudine-induced drug eruption in a patient with acute exacerbation of chronic hepatitis B

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は44歳, 男性. 平成10年, B型慢性肝炎 (CH-B) と診断された. 平成12年11月頃より, 褐色尿, 黄疸が出現し, 当院に入院. 意識清明, T. Bil 16.7mg/d<i>l</i>, GOT 440IU/<i>l</i>, GPT 815IU/<i>l</i>, PT 43%, HPT 13%, HGF 1.13ng/m<i>l</i>, IgM-HBc抗体2.8, HBV-DNA 6.5LGE/m<i>l</i>よりCH-Bの急性増悪と診断した. T. Bil の著しい上昇とHPT等の凝固系の異常より, 肝不全に陥る危険性が高いと判断し, ラミブジンを開始した. ラミブジン服用後, T. Bil およびHPTは改善した. ラミブジン治療開始1カ月後に体幹を中心に皮疹が出現した. 皮疹出現時にラミブジン以外の薬剤を服用していないため, ラミブジンによる中毒疹と考え, 服薬を中止した. その後は, 肝機能の再燃やB型肝炎ウイルスの再増殖もみられなかった. ラミブジンは比較的副作用の少ない薬剤で, 皮疹による中止例も稀であり, 貴重な1例と考えられた.

収録刊行物

  • 肝臓

    肝臓 43(5), 238-242, 2002-05-25

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008748412
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ