門脈一次分枝に腫瘍塞栓を認めた小肝細胞癌の1切除例 A case of small hepatocellular carcinoma with infiltration into the left portal vein

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山本 隆嗣 YAMAMOTO Takatsugu
    • 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科・肝胆膵外科 Department of Gastroenterological and Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 久保 正二 KUBO Shoji
    • 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科・肝胆膵外科 Department of Gastroenterological and Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 広橋 一裕 HIROHASHI Kazuhiro
    • 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科・肝胆膵外科 Department of Gastroenterological and Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 首藤 太一 SHUTO Taichi
    • 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科・肝胆膵外科 Department of Gastroenterological and Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 酒部 克 SAKABE Katsu
    • 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科・肝胆膵外科 Department of Gastroenterological and Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 小川 雅生 OGAWA Masao
    • 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科・肝胆膵外科 Department of Gastroenterological and Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 田中 肖吾 TANAKA Shogo
    • 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科・肝胆膵外科 Department of Gastroenterological and Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 上西 崇弘 UENISHI Takahiro
    • 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科・肝胆膵外科 Department of Gastroenterological and Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 田中 宏 TANAKA Hiromu
    • 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科・肝胆膵外科 Department of Gastroenterological and Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 木下 博明 KINOSHITA Hiroaki
    • 大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科・肝胆膵外科 Department of Gastroenterological and Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, Osaka City University Graduate School of Medicine

抄録

症例は57歳, 男性. B型ウィルス性慢性肝炎に対しINF療法著効後, 経過観察されていたが, 肝S3に腫瘤陰影を認めた. 腫瘍径2.0cmにも拘わらず, 門脈臍部から左一次分枝にかけて脈管侵襲を伴っていた. ウィルスDNAが陰性化しており, 術後多中心性再発の可能性が低いことや, 肝機能がよく, 被侵襲門脈を含めた系統的肝切除に耐える肝予備能があったことから, 尾状葉を含めた左葉切除を施行した. 腫瘍は中分化型肝細胞癌であり, 免疫組織化学検査で接着因子の発現が高度であった. 術2年6カ月後現在, 生存中である. 小肝癌で高度な門脈侵襲を有する症例は稀である. 腫瘍が門脈臍部近傍に存在したのに加え, 癌細胞の血管内皮への接着能力が高いため, 小肝癌であっても, 容易に脈管侵襲を形成したのではないかと考えられた. 高度門脈侵襲がみられても一括切除が可能ならば, 肝機能が良好で多中心性発癌のリスクの小さい症例に対しては本症のように切除治療も考慮される.

収録刊行物

  • 肝臓

    肝臓 43(5), 243-248, 2002-05-25

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008748426
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ