高知県手結地先に生育するカジメ(褐藻, コンブ目)の年齢と形態の関係 Relationship between Age and Morphology of Ecklonia cava (Laminariales, Phaeophyta) Sporophytes Growing off Tei, Kochi Prefecture, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

南日本、土佐湾手結地先のカジメ(褐藻、コンブ目)個体群の年齢と形態の関係を1996年に季節的に調べた。生長輪の計測から少数の3歳個体を確認した。調査期間中の茎長と茎径の各年齢群での平均値は0歳群で3.4~12.6cmと4.6~7.5mm、1歳群で5.9~!3.7cmと7.7~10.2mm、2歳群で7.2~18.4cmと10.3~13.4mmであった。中央葉長、中央葉幅、側葉数、最長側葉長はそれぞれ0歳群で18.5~32.8cm、4.6~6.2cm、9~2!枚、10.6~23.8cm、1歳群で22.0~39.1cm、5.5~6.9cm、14~27枚、20.1~34.9cm、2歳群で9.6~25.6Cm、5.8~8.1cm、17~30枚、32.5~40.3cmであった。中央葉長を除く全ての測定項目は概ね年齢に伴って増加したが、それらの値は年齢群間で重複しており、はっきりとは分離しなかった。

収録刊行物

  • 水産増殖

    水産増殖 50(2), 163-169, 2002-06-20

    水産増殖談話会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008750574
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    6212524
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ