水温と光周期調整によるイシダイの産卵制御 Control of Spawning in the Japanese Parrotfish, Oplegnathus fasciatus, by Manipulation of Water Temperature and Photoperiod

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

クロマグロ仔魚の餌料として6月から9月にイシダイのふ化仔魚を得るため、水温と光周期を調整してイシダイの産卵期の制御方法を検討した。対照区は自然水温、自然日長で飼育した。水温調整区では収容後水温を15℃に低下させ、6月下旬以降は水温を20~24℃に維持した。水温+光周期調整区では同様の水温調整に加えて、3月下旬から短日処理を行い、6月下旬からは自然日長、7月中旬からは長日処理を行った。3区ともに親魚を収容した直後から産卵がみられたが、対照区以外では産卵が停止し、その後再開した。対照区の産卵期間は3月中旬から8月中旬であり、水温調整区では主に5月末から9月初旬に産卵し、水温+光周期調整区では6月下句から10月下旬まで産卵が継続した。この結果、水温のみの調整でもイシダイの産卵制御は可能であるが、光周期も調整することで長期にわたって産卵を制御できることが明らかになった。

収録刊行物

  • 水産増殖

    水産増殖 50(2), 189-196, 2002-06-20

    水産増殖談話会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 光放射の応用

    河本 康太郎 , 佐々木 政子 , 白水 俊次 , 田澤 信二 , 戸田 淨 , 谷口 正成 , 木下 忍 , 田中 總太郎 , 木村 嘉孝

    照明学会誌 87(8), 691-701, 2003-08-01

    参考文献286件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008750652
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    6212564
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ