アミメノコギリガザミ, Scylla serrata 幼生の成長と生残に及ぼすワムシ中のn-3高度不飽和酸の影響 The Effect of N-3HUFA Content in Rotifers on the Development and Survival of Mud Crab, Scylla serrata, larvae

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アミメノコギリガザミ、Scylla serrataゾエア1(Z1)期から第1齢稚ガニ(C1)まで、異なる濃度のn-3高度不飽和酸(n-3HUFA)を含むワムシで飼育し、成長や生残に及ぼす影響について調べた。飼育には1Lビーカーを1区2個ずつ用い、それぞれ30尾収容し、30℃で稚ガニになるまで飼育した。ワムシ中のn-3HUFAの濃度は0.3から3.2%までの8段階とした。なお、Z3期以降無強化のアルテミアを併用した。生残率や各齢期に達するまでの日数はワムシ中のn-3HUEA含量と相関し、n-3HUFAO.8%含有区で優れた結果が得られた。それ以上の含量になると、Z5期からメガロパ(M)期へ、あるいはM期からC1への変態失敗によるへい死が多く見られた。そのため、ワムシを主な餌料とした場合のn-3HUFA適正量は08%程度(その時のEPAとDHAの内訳は0.33%および0.13%)であるものと推察された。

収録刊行物

  • 水産増殖

    水産増殖 50(2), 205-212, 2002-06-20

    水産増殖談話会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008750686
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    6212606
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ