PCRによるホルマリン固定パラフィン包埋組織から豚サーコウイルス遺伝子の検出 Detection of Porcine Circovirus Genes in Formalin-fixed, Paraffin-embedded Tissues of Pigs bv Polymerase Chain Reaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1993~1999年に北海道の3養豚場(B、C、D)において、病理学的に豚サーコウィルス(PCV)感染を伴う発育不良豚と診断された豚のパラフィン包埋組織材料(35検体)から、PCRによりPCⅤ遺伝子の検出を試みた。検出率が高かったのはN1fとN2rプライマー組であり(85.7%)、PCR産物にPCⅤ-1には存在しない制限酵素Aua II、Nsp I)切断部位が認められた。また、C農場の7検体はSac Iにより切断されながったが、D農場の4検体は切断された。B農場では、Sac I切断部位を有する15検体と切断されない4検体が混在していた。この結果は、北海道には制限酵素切断パターンで識別できるPCⅤ-2が少なくとも2タイプ存在することを示唆している。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌

    日本獣医師会雑誌 54(4), 260-264, 2001-04-20

    日本獸医師会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008760570
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    5754682
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ