犬の全身吸入麻酔の麻酔前投薬-導入薬としてのメデトミジン-チオペンタール, メデトミジン-ケタミン, メデトミジン-プロポフォールの臨床的検討 Medetomidine with Thiopental, Ketamine, or Propofol as Premedication and Induction for Inhalation Anesthesia in Dogs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

犬150頭(ASA分類Class IおよびII、6.0±4.2歳)の麻酔前投薬と導入薬として、メデトミジン5μg/kgの前投薬後、導入薬としてチオペンタール12.5mg/kg(MT群)、ケタミン5mg/kg(MK群)またはプロポフォール4mg/kg(MP群、各群50頭)を静脈内投与し、50%笑気-50%酸素-セボフルラン麻酔を実施した。導入時にMK群8頭に痙攣、MP群1頭に血管痛を認めた。挿管後、MT群では高率に無呼吸となり、32頭に調節呼吸を実施した。術中の終末呼気セボフルラン濃度は、MT群1.6~1.7%、MK群1.9~2.0%、MP群2.1~2.3%であった。いずれも術中の心拍数は110回/分、平均動脈血圧は100~120mmHg前後で推移し、麻酔終了後5分前後で抜管することができた。これらの組み合わせは全身状態の良好な犬臨床例に有用と考える。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌

    日本獣医師会雑誌 54(4), 282-287, 2001-04-20

    日本獸医師会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008760666
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    5754848
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ