未同定種による猫毛包虫症の1例 A Case of Feline Demodicosis Caused bv Demodex sp.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

15カ月齢のロシアン・ブルー種去勢雄猫に全身性の落屑がみられた。落屑は特に背部に多かったが、食欲の変化や掻痒はみられなかった。浮遊法による糞便検査で多数の毛包虫が検出されたため、皮膚の掻爬検査を行ったところ全身から多数の毛包虫が検出された。アミトラズ(700倍液)による薬浴と、イベルメクチン400μg/kgの皮下注射および経口投与を併用した結果、治療開始第54病日には毛包虫は検出されなくなった。また同時に落屑も治療開始後から減少し始め、第98病日にはみられなくなった。分離された毛包虫は、大型で体長111.6μm、後胴体部長49.1μmと小型で体長77.4μm、後胴体部長30.9μmの2型がみられた。これらはDemodex catiの形態と異なり体長および後胴体部長が短く、また後胴体部後端が鈍であり、海外で報告されている未同定種と同様であると思われた。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌

    日本獣医師会雑誌 54(4), 293-295, 2001-04-20

    日本獸医師会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

  • <no title>

    CARLOTTI D.

    Soc Med Chirurg l'Anim Comp 21, 203, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    CHESNEY CJ.

    Vet Rec 123, 671-673, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    CONROY JD.

    J Am Anim Hosp Assoc 18, 405-407, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    DESCH C.

    Cornell Vet 69, 280-285, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    HIRST S.

    Studies on Acari I, 53, 1919

    被引用文献1件

  • <no title>

    MCDOUGAL WJ.

    Comp Cont Edu 8, 820-822, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    MEDLEAU L.

    J Am Anim Hosp Assoc 24, 85-91, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    MULLER GH.

    Current Veterinary Therapy VIII, 487-488, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    WILKINSON GT.

    Feline Pract 13, 32-36, 1983

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008760707
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    5754911
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ