兵庫県下の食鳥処理場に搬入された鶏におけるクリプトスポリジウムの汚染実態 Epidemiological Studies on Infection with Cryptosporiduim spp. of Chickens in Hyogo Prefecture, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

兵庫県下の食鳥処理場で処理された県内産鶏を対象とし、77農場418羽についてクリプトスポリジウムのオーシスト保有状況調査を実施した。ショ糖を用いた遠心沈殿浮遊法による検査の結果、14農場37羽の糞便からクリプトスポリジウムのオーシストが検出され、陽性率は8.9%であった。糞便からオーシストが検出された検体について気管、十二指腸、盲腸、直腸およびファブリキウス嚢を組織学的に検索した。その結果、ファブリキウス嚢を採取できた33検体中18検体の粘膜上皮表層にクリプトスポリジウム原虫を多数認めた。検出されたオーシストは、形態、寄生部位からCryptosporidium baileyiと考えられた。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌

    日本獣医師会雑誌 54(4), 297-300, 2001-04-20

    日本獸医師会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008760717
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    5754939
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ