グローバルハーモナイゼーションシステム(GHS)と日本対応への課題

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>化学物質の便益を享受しながら,安全にかっ安心して使用していくため,化学物質のリスク管理がますます重要になっている.リスクはハザードと曝露の積で表現される.ハザード評価とハザード表示の国際的な整合性をとるべく,国連等の国際機関で検討が進められており,これをGHSという,この国際的基準が近々制定される見込みである.ここでは,GHSの概要と日本国内での必要な対応について </b></tt><tt><b>簡単に紹介する. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 41(3), 148-153, 2002-06-15

    安全工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008806006
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    6189519
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ