地球規模のバイオマス火災と地球温暖化

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>化石燃料の消費が進み大気中の二酸化炭素濃度が上昇し地球温暖化傾向が進行している.一方で,二酸化炭素の吸収源の森林は,伐採や森林火災により,面積の減少が続いている。本稿では,地球規模のバイオマス火災として,アフリカ中央部のサバンナなどのサバンナ火災・大規模で多発する北方林の森林火災,インドネシアの泥炭火災を取り上げ,現状と特徴にっき述べ考察を加えた.今後の森林の維持管理やバイオマス火災の制御は,人類と地球の存亡(安全)に関する重要な課題の一つであると言え </b></tt><tt><b>る. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 41(3), 163-169, 2002-06-15

    安全工学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

  • <no title>

    WOOD C. A.

    Global Biomass Burning, 29-40, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    吉良竜夫

    生態学からみた自然, 1971

    被引用文献6件

  • <no title>

    WHITTAKER R. H.

    US Atomiv Energy Commission, 281-302, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    LEVINE J. S.

    Ecological Studies 138, 31-48, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    四手井綱英

    森林保護学 144, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    荒木眞之

    森林気象 143, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    FAO Forestry Paper 126 44, 1995

    被引用文献1件

  • River and Peatland Technology.

    ITAKURA T.

    Annual Report of JSPS Core University Program. Environmental Conservation and Land use Management of Wetland Ecosystem in Southe, 139-162, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    世界大百科事典, 1998

    被引用文献3件

  • <no title>

    GOLDAMMER J. G.

    Fire in Ecosystems of Boreal Eurasia 13, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    早坂洋史

    第38回燃焼シンポシウム 61, 2000

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008806018
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    6189531
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ