安全工学と信頼性工学の接点 : その2:固有(本質)安全と機能安全

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>安全工学,信頼性工学それぞれ工学的専門分野を形成しているが,学術体系として近接した関係にあり,オーバーラップしている部分もあるのではないかと推測できる.筆者は,システム安全や確率論的安全評価・管理の専門分野で教育・研究を実施してきた,この過程で,両分野の相違点,また異なるがゆえの接点にっいて,多少の具体的な知見を得たと考えている.そこで,本講座では,当該技術・学術分野の総合あるいは境界領域の理解と発展に資することを目的として,連載の形式で,両工学の接点につ</b></tt><tt><b>いて概説する. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 41(3), 185-189, 2002-06-15

    安全工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008806053
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    6189552
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ