環境水中の界面活性剤及びその分解生成物の迅速分析 High Throughput Analysis for Surfactants and Their Degradation Products in Waters

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 脇田 慎一 WAKIDA Shin-ichi
    • 産業技術総合研究所ヒューマンストレスシグナル研究センター Human Stress Signal Research Center, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology(AIST)

抄録

環境水中に極微量存在する界面活性剤, またその分解生成物であるフェノール系環境ホルモン (ノニルフェノール) を迅速計測が必要となった背景を指摘し, 現状の計測法を概説した。そして, 我々が研究開発を行っている, 化学センサ, キャピラリー電気泳動法を用いた高感度迅速分離分析法のメソッド開発の解説および, マイクロチップ技術を1用いるハイスループットスクリーニング法の要素技術及びその将来展望を行った。

Trends in high throughput analytical methods were described including our studies, chemical sensors based on potentiometry, capillary electrophoresis (CE), CE with mass spectrometry and microchip for surfactants and their degradation products in waters.

収録刊行物

  • オレオサイエンス = / Japan oil chemists' society

    オレオサイエンス = / Japan oil chemists' society 2(7), 411-419, 2002-07-01

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  39件中 1-39件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008808252
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11503417
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13458949
  • NDL 記事登録ID
    6197888
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z74-C176
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ