キノロン系抗菌薬の合成研究:創薬研究は面白い

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

第一製薬 (株) に入社し, 4年目より20年以上にわたり一貫して感染症分野でのキノロン系合成抗菌薬 (以後キノロンと略) の探索研究 (合成研究) に従事した。この間, オフロキサシン (1) (商品名タリビッド), レボフロキサシン (2) (商品名クラビット) が上市され, それぞれ臨床現場で高い評価を与えられている。現在3つ目のキノロンとして, 次世代のニューキノロンと位置付けられるDU-6859a (3) (一般名シタフロキサシン) が開発の最終段階にある。3は重症, 難治性感染症の治療薬 (注射・経口) として, 単剤で最も高い有効性を示す薬剤の1つとして期待されている。<BR>研究開発に長い期間を要する創薬研究において, 世に出た3薬剤に関わることができたことは, 真にメディシナルケミスト冥利に尽きる以外の何物でもないが, それなりの努力も苦労もあった。思い返してみると忘れられない感激を味わったことが3つある。

収録刊行物

  • 有機合成化学協会誌

    有機合成化学協会誌 58(5), 477-479, 2000-05-01

    The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

  • <no title>

    Drugs of Future 19(9), 827-834, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    シクロプロパンジカルボン酸の脱炭素的フッ素化

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008820142
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0024521X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00379980
  • NDL 記事登録ID
    5367775
  • NDL 雑誌分類
    ZP11(科学技術--化学・化学工業--有機化学・有機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-256
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ