日本語マニュアル文における条件表現「と」「れば」「たら」「なら」から導かれる制約 Pragmatic Constraints of Japanese Conditionals for TO, REBA, TARA and NARA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森 辰則 MORI Tatsunori
    • 横浜国立大学工学部電子情報工学科 Division of Electrical and Computer Engineering, Yokohama National University

抄録

我々は,接続助詞「ので」による順接の複文と接続助詞「のに」による逆接の複文を対象とする理解システムを計算機上に構築することを目的とする.この際には,ゼロ代名詞の照応の解析が重要な問題となるが,文献(中川1994; Nakagawa and Nishizawa1994) にあるように,本論文で扱う形式の複文では動機保持者という語用論的役割を新たに定義し用いることにより,従属節と主節それぞれで設定される意味役割や語用論的役割の間の関係を制約として記述することができる.そこで,日本語の複文に対する形態素解析や構文解析の結果を素性構造で記述し,この結果に対して制約論理プログラミングの手法を用いることにより意味および語用論的役割間の制約を解消し,ゼロ代名詞照応などを分析する理解システムを計算機上に構築した.Our aim is to construct a system which is able to deal with semantics of Japanese complex sentences. One of the most important problem to be solved is the zero anaphora resolution. According to (Nakagawa, 1994; Nakagawa & Nishizawa, 1994), we can use a new pragmatic role called motivated to bridge semantic roles of subordinate and those of main clauses. The new role constrains the relation among semantic and pragmatic roles within subordinate or main clause for Japanese complex sentences. So, we construct the system that treats this type of relation by constraint logic programming, and we use feature structures to formalize these constraints in unification grammar formalism. We also describe how this system works.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 2(4), 3-18, 1995-10-10

    言語処理学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008826664
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR 
ページトップへ