日本語の終助詞の機能 : 「よ」「ね」「な」を中心として Function of Japanese Sentence Final Particles : about 'YO' 'NE' and 'NA'

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中川 裕志 NAKAGAWA Hiroshi
    • 横浜国立大学工学部電子情報工学科 Division of Electrical and Computer Engineering, Faculty of Engineering, Yokohama National University
    • 小野 晋 ONO Susumu
    • 横浜国立大学工学部電子情報工学科 Division of Electrical and Computer Engineering, Faculty of Engineering, Yokohama National University

抄録

終助詞「よ」「ね」「な」は,書き言葉の文には殆んど用いられないが,日常会話において頻繁に使われており,文全体の解釈に及ぼす影響が大きい. そのため,機械による会話理解には,終助詞の機能の研究は不可欠である.本論文では,代表的な終助詞「よ」「ね」「な」について,階層的記憶モデルによる終助詞の機能を提案する.まず,終助詞「よ」の機能は,文の表す命題が発話以前に記憶中のある階層に存在することを表すことである.次に,終助詞「ね」「な」の機能は,文の表す命題を記憶中に保存する処理をモニターすることである.本稿で提案する機能は,従来の終助詞の機能が説明してきた終助詞「よ」「ね」「な」の用法を全て説明できるだけでなく,従来のものでは説明できなかった終助詞の用法を説明できる.Japanese sentence final particles(JSFPs henceforth) are used extremely frequently in utterances. We propose functions of Japanese Sentence Final Particles YO NE and NA that are based on a hierarchal memory model which consists of Long Term Memory, Episodic Memory and Discourse Memory. The proposed functions of JSFPs are basically monitoring functions of the mental process being done in utterance. YO shows that the propositional content of the utterance that ends with YO was already in the speaker's Episodic Memory or Long Term Memory, while NE and NA show that the speaker is processing the propositional contents with the contents of speaker's memory. The proposed functions succeed in accounting for the phenomena yet to be explained in the previous works.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 3(2), 3-18, 1996-04-10

    言語処理学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008826788
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR 
ページトップへ