日本語の自由会話における談話構造の推定 : 因果関係を表す接続詞の場合 A Method of Discourse Structure Understanding in Japanese Task-Free Conversation for Causal Conjunction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本語の談話理解を考える際には,文脈,すなわち「会話の流れ」を把握する必要がある.一般的に日本語では,「会話の流れ」を明示する語として,順接・逆接・話題の転換・因果性,などを表す接続(助) 詞が用いられることが多い.これらの語は,スケジュール設定など何らかの話題・目的が存在する会話だけではなく,雑談などの場合でも,聞き手が「会話の流れ」を把握するために利用しているものと考えられる.本技術資料では,「だって」や「から」などの接続表現によって,因果関係の前件および後件の関係が談話中で明示されている場合を対象とし,そのような因果関係が談話中で示す特徴について検討する.この検討から,いくつかの観察結果が得られるが,それについて自由会話コーパスを用いた検討を行ない,実際にそのような特徴が成立することを確認した.この結果は,接続表現に依存する前件と後件の順序関係,および前件と後件の隣接性という2 項目にまとめることができ,機械的処理による談話理解への足掛かりと考えられる.We discuss here how a discourse structure for a causal relation between two or more utterances is linguistically expressed in Japanese task-free conversations. When we have a conversation, we often use conjunctions as a sign of causal relation, change of topic, etc. So, these words are important to understand a discourse structure because we often use these words to represent "an intention of utterance" or "a stream of discourse." Here, we discuss a case where causal conjunctions are used in Japanese task-free conversations by examining our corpus of causal conversation, and show how to identify relations, represented by these conjunctions, among a few adjacent sentences systematically.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 4(4), 61-72, 1997-10-10

    言語処理学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008827399
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13407619
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR 
ページトップへ