日本語の照応関係理解に関する一考察 : 「主題」(Topic)が果たす役割を中心に Anaphoric Resolution in Japanese Sentences : Topic Assignment Strategy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本語の照応関係理解のプロセスにおいて, どのようなストラテジーが関与しているのかについて, 言語心理学的実験を通して考察した. 実験1では, 自己のペースによる読解課題およびプローブ認識課題を用いて, 日本語の主語を表す「が」と主題を表す「は」の違いが照応関係理解に影響を及ぼすかどうかについて調査した. その結果, 「は」でマークされた名詞句で読解時間がかかる傾向が見られ, それを照応表現の指示対象として優先する傾向が見られた. また, プローブ認識課題では, 主題を表す「は」の影響が見られ, 目的語名詞句よりも主語名詞句をプローブ語として呈示した場合の方が判断時間が速い傾向が見られた. このように, 主題の影響が見られたことから, 「主題割当方略」とでも言うべきストラテジーが利用されていることが分かった.実験2では, 英語の実験に基づいて提案されている「主語割当方略」や「平行機能方略」と呼ばれるストラテジーが日本語の照応理解にも利用されるのかどうかについて調査した結果, parallelな構造をもつ文では, 平行機能方略が用いられることが分かった. さらに実験3では, これら2つのストラテジーおよびその他のストラテジーと主題割当方略との相互関係について調査を行った. その結果, 日本語の照応関係理解のプロセスでは, これらのストラテジー競合する場合, 主題割当方略が優先的に利用されることが分かった. このことは, 日本語が「主題卓立言語」としての性質を持っていることを示している.

This paper describes three psycholinguistic experiments on anaphoric resolution during sentence comprehension in Japanese. In Japanese language, there is a postposition "wa" which signifies "topic" and "ga" which signifies "(grammatical) subject". Experiment 1 investigated the influence of the difference between "wa" and "ga" to assign ambiguous pronouns. In a self-paced reading paradigm, reading times were longer subject noun phrase than object noun phrase, irrespective of the difference of postposition, and there were more assignment to the topic noun phrase (Topic-NP: "NP+wa") than subject noun phase (Subject-NP: "NP+ga"). In a probe recognition task, reaction times (RTs) were faster subject (S-probe) than object (O-probe), and RTs for S-probe were faster Topic-NP sentence than Subject-NP sentence. Overall, the influence of topic was observed, thus suggesting that the topic assignment strategy (TAS) were utilized during the assignment of pronouns in Japanese. Experiment 2 investigated the influence of another heuristic strategies which have been proposed to account for the assignment of pronouns in sentences in English: the subject assignment strategy (SAS) and the parallel function strategy (PFS). Furthermore, Experiment 3 investigated to distinguish between the heuristic strategies: TAS, SAS, and PFS. In both Experiment 2 and 3, there was a strong preference assigning a pronoun to the preceding Topic-NP, thus showing TAS was predominantly used over other heuristic strategies. These findings support that Japanese has a linguistic nature of a topic prominent language.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 6(4), 3-22, 1999-07-10

    一般社団法人 言語処理学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008829084
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    4794746
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ