感情表出文 Exclamatory Sentence

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は, 「まあ, 嬉しい!」のような発話者が感情を思わず口にした「感情表出文」とはどのようなものか, 感情主の制約のあり方と, 統語的特徴から分析したものである. 感情述語の人称制約は2種類のムードに関わる問題である. 一つは, 「述べ立てのムード」, もう一つは「感情表出のムード」である. 前者のムードを持つ「述べ立て文」に生じる人称制約は語用論的なものであり, 一人称感情主の場合が多いが, 条件が整えば他の人称も可能である. 一方, 感情主が一人称以外ではあり得ないような人称制約を持つタイプの文がある. これを, 感情表出のムードを持つ「感情表出文」と定義した.<BR>その上で, 感情表出文の統語的特徴について検討した結果, 感情表出文は, 述語が要求する感情主や感情の対象といった意味役割を統語的に分析的な方法では言語化しない, すなわち述語一語文であるという事実を明らかにした.<BR>一語文では, 言語文脈上に意味役割の値を参照することができないため, 発話現場に依存して決めるしか方法がなく, 感情主は発話現場の発話者, 感情の対象は発話時の現場のできごとに自動的に決まる. よって, 一語文は感情表出文のムードに適合する. 一方, 意味役割を言語化した文は, 意味役割を発話現場に依存する必要がないため, 発話現場に拘束されない. こうしたことから, 感情表出文は述語一語文でなければならないと結論づけた.

This paper attempts to elucidate the nature of 'emotive sentences' like Maa, ureshii! 'Wow, how happy (Iam)!' in which the speaker involuntarily expresses his emotion, with special focus on the manifestation of experiencer subjects.<BR>The grammatical person of the experiencer subject that an emotive predicate takes is constrained by the mood of the sentence in which it appears. On the one hand, if an emotive predicate appears in a sentence in 'the mood of the speaker's statement', the person of its subject is only pragmatically controlled. While the first person is most often found, other persons are also allowed in certain pragmatic contexts. On the other hand, the first person is the only possibility in sentences in 'the mood of involuntary expression of an emotion'.<BR>Furthermore, several syntactic tests reveal that predicates of sentences in the latter mood do not syntactically manifest either the experiencer or the source of an emotion. In other words, emotive predicates solely constitute sentences in this particular grammatical mood.<BR>Put differently, since neither the experiencer nor the source of an emotion is realized in a one-word emotive sentence, the values of these implied arguments must be inferred from the context of utterance of that sentence.Consequently, the experiencer is automatically understood as the speaker, and the source as a concurring event in the same context.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 6(4), 45-65, 1999-07-10

    一般社団法人 言語処理学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008829119
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    4794752
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ