日本語文と英語文における統語構造認識とマジカルナンバー7±2 Magical Number Seven Plus or Minus Two: Syntactic Structure Recognition in Japanese and English Sentences

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

George A. Millerは人間の短期記憶の容量は7±2程度のスロットしかないことを提唱している. 本研究では, 京大コーパスを用いて日本語文の各部分において係り先が未決定な文節の個数を数えあげ, その個数がおおよそ7±2の上限9程度でおさえられていたことを報告した. また, 英語文でも同様な調査を行ないNP程度のものをまとめて認識すると仮定した場合7±2の上限9程度でおさえられていたことを確認した. これらのことは, 文理解における情報の認知単位として日本語で文節, 英語ではNP程度のものを仮定すると, Millerの7±2の理論と, 言語解析・生成において短期記憶するものは7±2程度ですむというYngveの主張を整合性よく説明できることを意味する.

George A. Miller insisted that human beings have only seven chunks in short term memory plus or minus two. We counted the number of bunsetsus whose modifiees were not recognized in each step when investigating the dependencies from the beginning of Japanese sentences by using the Kyoto University corpus, and we report that the number was roughly lower than nine, the upper bound of seven plus or minus two. We also investigated English sentences, and we got a result similar to Japanese when we assumed that human beings recognize a series of words such as a noun phrase (NP) as a unit. This indicates that if we assume that human beings' cognitive unit in Japanese and English are bunsetsu and NP respectively, we can accept Miller's theory.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 6(7), 61-71, 1999-10-10

    一般社団法人 言語処理学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008829542
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    4888781
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ