痕跡処理のためのGLR法の拡張 Gap Handling Extension of GLR Parsing Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では, GLR法に基づく痕跡処理の手法を示す. 痕跡という考え方は, チョムスキーの痕跡理論で導入されたものである. 痕跡とは, 文の構成素がその文中の別の位置に移動することによって生じた欠落部分に残されると考えられるものである. 構文解析において, 解析系が文に含まれる痕跡を検出し, その部分に対応する構成素を補完することができると, 痕跡のための特別な文法規則を用意する必要がなくなり, 文法規則の数が抑えられる. これによって, 文法全体の見通しが良くなり, 文法記述者の負担が軽減する. GLR法は効率の良い構文解析法として知られるが, 痕跡処理については考慮されていない. 本論文では, GLR法に基づいて痕跡処理を実現しようとするときに問題となる点を明らかにし, それに対する解決方法を示す. 主たる問題は, ある文法規則中の痕跡の記述が, その痕跡とは関係のない文法規則に基づく解析に影響を与え, 誤った痕跡検出を引き起す, というものである. 本論文で示す手法では, この問題を状態の構成を工夫することで解決する.

We propose an approach to gap handling, which is based on GLR parsing method. The idea of gaps has been introduced in Noam Chomsky's transformational grammar. A gap occurs in a sentence when a constituent of the sentence transfers to another position of the sentence. In cases where a parser finds a gap in a sentence and fills it with the corresponding constituent, it is easier to write and maintain grammar because additional grammar rules for gaps are needless. GLR parsing method has no gap handling, although it is known as an efficient parsing method. We make it clear what prevents GLR parsing method from handling gaps, and give a solution to gap handling in GLR parsing method. The main problem is that a gap described in a grammar rule has bad effect on parsing with other grammar rules (LR items) in the same state. We solve this problem by splitting a state into more than one state.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 7(3), 3-21, 2000-07-10

    一般社団法人 言語処理学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008829752
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    5458672
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ