派生文法に基づく日本語動詞句のウイグル語への翻訳 Verbal Phrase Generation based on Derivational Grammar in Japanese-Uighur Machine Translation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本語とウイグル語は共に膠着語であり, 構文的に類似した点が多い. したがって. 日本語からウイグル語への機械翻訳においては, 形態素解析によって得られた各単語を逐語翻訳することにより, ある程度の翻訳が可能となる. しかし, 従来の日本語文法は動詞が活用することを前提としていたため, ウイグル語への翻訳の前に, 動詞の活用処理が必要であった. 本論文では, 日本語, ウイグル語を共に派生文法で記述することにより, 日本語の活用処理を不要とすると同時に, 両言語間の形態論的類似点を明確にし, 単純でかつ体系的な機械翻訳が可能になることを示す, しかし, 日本語とウイグル語との問の文法的差異から, 単純な逐語翻訳では不自然な翻訳となる場合がある. 本論文では, 単語間の接続関係を考慮した訳語置換表を用いることによりこの問題を解決し, より自然な翻訳を実現した. さらに, この手法に基づく日本語-ウイグル語機械翻訳システムを作成した. このシステムでは, 日本語形態素解析システムとウイグル語整形システムを, それぞれ独立のモジュールとして構成している. この設計は, 他の膠着語間における翻訳にも応用可能であると考えられる. また, 実験によりその翻訳精度を評価した. 本論文では, 特に両言語において文の中心的役割を果たす動詞句の翻訳について述べる.

Since both Japanese and Uighur languages are agglutinative languages, they have a lot of syntactic similarities. Thus we can translate from Japanese into Uighur by replacing Japanese words with corresponding Uighur words after morphological analysis of Japanese sentences. However, Japanese verbs have been said to conjugate but Uighur verbs do not, so that we have to analyze Japanese conjugation. In this paper, by using the derivational grammar which formalizes Japanese verbs syntax without conjugation, we propose a simple and systematical translation system.Since there are some differences between Japanese and Uighur, this simple translation sometimes makes output sentences unnatural. To solve this problem, we use a word replacement table which is based on word connection relations on Uighur. The system consists of three independent modules and so we can apply this approach to the translation between other agglutinative languages. We also show the performance evalution of the system. In this paper, we will focus on the translation method of verbal clauses which play an important role in sentences.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 7(3), 57-77, 2000-07-10

    一般社団法人 言語処理学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008829815
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    5458698
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ