音声合成におけるポーズ制御のための決定リストを用いた局所係り受け解析 Partial Dependency Structure Analysis Using Decision Lists for Pause Insertions of Speech Synthesizers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

音声合成におけるポーズ制御において重要となる局所係り受け解析に関し, 決定リストを用いる方法を開発し, ポーズ挿入の正解率をF値で評価したところ90.04%を得た. 本係り受け解析は決定リストを用いているので, 使用するメモリの容量と処理速度に関して設定を容易に変更できるという特徴を有している. このため, 用途に応じてメモリ容量, 計算速度が選択できる. 計算速度を重視し, メモリ容量を12Kバイトと小さくした場合, 文あたりのポーズ設定処理の時間7msec (Pentium III 450MHz), F値85%となり, 音声合成システムへの実装が現実的であることがわかった. 係り受け解析結果に基づくポーズ挿入位置制御規則を作成し, 聴取実験によって性能を確認した. その結果, 係り受け距離のみに基づく制御で, 85%程度のポーズ挿入位置が挿入適当という結果であった. さらに, 句読点や, ポーズの連続などの要因を取り入れて規則の精緻化を行った結果, 91%程度のポーズ挿入位置が挿入適当という結果が得られた.

We developed a method which used decision lists for partial dependency analysis which was important for a pause control of a speech synthesis. As the result of its evaluation using F measure as the accuracy of pause insertions, it was 90.04%.This method based on decision lists has a good point about flexibility adjusting the memory usage and the processing speed.In the case of small 12K Bytes memory and high speed, the processing time to set pauses of a sentence is 7msec (Pentium III 450MHz) and F measure is 85%. These results indicate that this method is applicable for the actual speech synthesis systems. We made rules for pause insertions and confirmed the performance by subjective evaluations. As the result, the appropriate rate was about 85% by the control derived only by dependency distances and the appropriate rate was about 91% by the control derived additional factors such as punctuation marks and succession of pauses.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 7(5), 51-70, 2000-11-10

    一般社団法人 言語処理学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008830113
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    5562148
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ