土工技術の進展から見たこれからの道路技術について ON THE ROAD ENGINEERING IN FUTURE BASED ON THE DEVELOPMENT OF THE SOIL ENGINEERING

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

道路技術の目的は安全を確保することであり, 通行者ヘサービスすることであり, さらに自然環境を守ることである. 日本の高速道路の土工技術においてその目的達成のための経緯について述べ, 今後のあり方について経験を重視することの必要性について述べる.

The main objectives of the road technology are to achieve the following three subjects: i) to secure the road, ii) to serve the user of the road, and iii) to preserve the natural environment. This paper presents the past results of how those are accomplished based on the earthwork-technology for the expressway, as well as the expectation on the way that the road technology should be in the future.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 707, 1-19, 2002-06-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008850018
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6203633
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ