大深度円形立坑山留め壁の施工時側圧に関する研究 A STUDY ON LATERAL PRESSURES ACTING ON THE RETAINING WALL FOR A DEEP CYLINDRICAL SHAFT DURING CONSTRUCTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大深度円形立坑における仮設山留め壁の設計は, 通常, 土水圧と偏側圧とをその設計荷重として考慮し行っている. このうち偏側圧は設計結果に大きく影響するが, その値には合理的な根拠がなく, 慣例的に全側圧の5~10%, または, 側方土圧の10~20%を設定している.<br>本研究は, 鴨下らにより報告された首都圏外郭放水路第一立坑の計測デーダを基に, 連続地中壁工法で施工した大深度円形立坑の山留め壁に作用したと推測される側圧を整理して, ある条件下においては, 偏側圧は水圧の変動によって発生することを計測データと解析結果から指摘するとともに, 現行の設計手法の課題についても検討を加えたものである.

The temporary retaining wall for a deep cylindrical shaft is generally designed using earth and water pressures and eccentric lateral pressures. Although eccentric lateral pressures greatly affect the design results, there is no theoretical basis to properly determine their values at present.<br>This study predicted the lateral pressures acting on the retaining wall for this deep cylindrical shaft which was constructed by the diaphragm wall method, revealed from both measurement and analysis that eccentric lateral pressures could be caused by water pressure fluctuation under some circumstances, and investigated problems related to the current design methods.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 707, 125-139, 2002-06-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008850154
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6204578
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ