パイプヒーティングによる路面融雪のためのトンネル坑内加温実験とコスト評価 EXPERIMENTAL STUDY ON THE WATER HEATING BY MEANS OF THERMAL ENERGY IN MOUNTAIN TUNNEL AND ITS COST PERFORMANCE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 山岳トンネル坑口部近傍におけるパイプヒーティングシステムの構築を目的とするものである. 特に, 山岳トンネルの持つ湧水量が, 融雪所要面積に比して不足する場合を想定するため, トンネル外部からトンネル内へ水供給を行った際の排水量・温度を調べるとともに, トンネル周辺の岩盤および中央排水管内の温度変化の計測を行った. また, 同実験結果に基づいて各種融雪工法の維持費・設備費の試算を行い, 本研究で提案するパイプヒーティングシステムの経済的有効性が確認された.

The object of this research is to construct the pipe-heating pavement system at mountain tunnel exits. When the amount of spring water is short for thawing of snow, additional water must be supplied from the outside of tunnel. The amount and temperature of river water were surveyed when the water run through pipe under the tunnel, i.e. center drain. It was proven that an enough volume of water and the water temperature were secured from the experiment results for heating of the river water possible by the tunnel pit. Finally, initial cost and running cost of this system was calculated on trial based on experimental results, its economical effectiveness was confirmed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 707, 219-224, 2002-06-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008850264
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6204737
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ