引抜試験におけるボルトの付着破壊 BOND FAILURE OF ROCK BOLTS AND CABLE BOLTS IN A PULL-OUT TEST

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ロックボルトおよびケーブルボルトの支保効果を検討する際, 岩盤, グラウト材, ボルトの付着特性を評価する必要がある. ボルトの付着特性は, 岩盤, グラウト材の強度およびボルトの表面形状に大きく影響されることが知られている. そこで, 本論文ではボルトの付着破壊メカニズムを明らかにするため, 室内引抜試験の供試体をX線CTスキャナにより画像撮影を行い, 内部で発生した破壊面を2次元および3次元的に可視化し, それらを基にボルトの付着破壊メカニズムを検討した.

The patterns of failure in a pull-out test are visualized by X-ray CT scanner to supply the basic data on the bond failure of rock bolt and cable bolt. In the pull-out test, a comparison was made between two types of cable bolts and rock bolts. From the results, it is shown that the microscopic failure mechanism is classified as the different failure mode. Then the supporting effect of rock bolts and cable bolts are discussed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 708, 97-106, 2002-06-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008850410
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6203615
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ