乾式一面破砕地圧測定法の理論的・実験的検討 THEORETICAL AND EXPERIMENTAL INVESTIGATION ON SINGLE FRACTURE METHOD OF IN SITU STRESS MEASUREMENT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水圧破砕は有用な地圧測定法であるが, 最大地圧の大きさを間接的にしか測定できない欠点を有している. 著者らは, 水圧破砕法の利点を有ししかも最大地圧を直接測定できる方法として, 任意の方向に亀裂面を造成できる乾式―面破砕法に着目し, 孔壁面に生じる応力状態と理論的な圧力-変位曲線を境界要素法解析で求めて, 室内実験の結果と比較した. その結果, 室内実験の測定値は一見妥当な結果を与えるが, これは亀裂位置に生じる2倍近い応力集中を無視していることが亀裂再開口圧を平均的に2倍程度大きく読み違えることで相殺されるためであり, 今後信頼性の高い手法に改善するためには, 亀裂の再開口を確実に検出する方法を見出す必要のあることがわかった.

Hydraulic fracturing stress measurements cannot provide the magnitude of maximum compressive stress with sufficient reliability. To overcome the defect, a new loading probe that can generate a fracture plane in any desirable direction, was developed. The authors examined a borehole wall stress condition induced by the probe and simulated a pressure-displacement curve using a boundary element method. The laboratory experiments provided apparent acceptable results, however, this investigation elucidated that the results come from the fact that ignoring twice large stress concentration at a crack position was canceled out by misreading a re-opening pressure twice large. Thus, it was found that establishment of a method to determine a correct re-opening pressure is essential to make this

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 708, 145-159, 2002-06-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008850510
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6203704
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ