色素細胞性母斑:解剖学的部位別の病理組織学的検討 : 第2報:足底病変271例の検討 The Histopathologic Analysis of 271 Cases of Melanocytic Nevus of the Sole

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

足底の色素細胞性母斑271例の病理組織学的検討を行った.病理組織所見から先天性と判断した病変は除き,また,顕微鏡下での病変の大きさが5 mm以下の後天性の色素細胞性母斑を対象とした.分類方法は,腫瘍細胞の存在部位により,境界型,複合型,真皮型に分類し,さらに境界型では,腫瘍細胞の胞巣の形成の有無により,胞巣型,孤立細胞型の2型に分類した.また,それぞれの型について表皮内の腫瘍細胞の分布様式により,腫瘍細胞が基底細胞層に限局する基底層限局型と,表皮内全層にばらけて存在する表皮内散在型に分類した.足底の色素細胞性母斑では,境界型が247例(91.1%)と大半を占めたが,胞巣型と孤立細胞型の両者を併せると,表皮内散在型は58例(21.4%)と稀ではないという特徴があった.

We examined 271 HE stained specimens of melanocytic nevi of the sole. We classified them into 3 patterns according to the location of the tumor cells: junctional, compound and dermal. We classified the junctional type of melanocytic nevi into two patterns according to the existence of the tumor cells, that is nest type and single cell type (without nest). Then we classified each of the nest and single cell types into two patterns based on the distribution of the tumor cells: confined and scattered (pagetoid) type. The characteristics of the melanocytic nevus of the sole are that; most of the lesions are junctional type (247/271=91.1%) and that the scattered type is not rare (58/271=21.4%).

収録刊行物

  • 日本皮膚科学会雑誌

    日本皮膚科学会雑誌 112(6), 811-816, 2002-05-20

    Japanese Dermatological Association

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008880664
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196602
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021499X
  • NDL 記事登録ID
    025120497
  • NDL 請求記号
    Z19-202
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ