心筋梗塞リハビリテーションとクリニカルパス Clinical pathways for cardiac rehabilitation in acute myocardial infarction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新しい患者管理手法であるクリニカルパスの意義と,その急性心筋梗塞リハビリテーションへの適用について概説した。我々は心筋梗塞のリスクを層別化した3種類のパスを用いてリハビリテーションを行っており,予後を悪化させることなく,在院日数を短縮した。パスの中に達成すべきアウトカムを明確に示し,バリアンスを評価することによって,提供する医療の質を継続的に改善することが可能になる。さらに医療に多職種が関与し,エビデンスが反映される場をパスは提供したとも言える。しかし,パスに対する医師の支持が得られなければ,コスト削減や,質の向上といった目標の達成は極めて困難である。元来,経済的インセンティブによって米国で開発されたパスではあるが,本邦の医療事情に合わせて再構築される必要がある。

The significance of "clinical pathway technique", a new case management method, and its application to the rehabilitation program after acute myocardial infarction are demonstrated. We successfully reduced the length of hospital stay by the implementation of three risk-stratified clinical pathways in cardiac rehabilitation after myocardial infarction without any adverse effect. It may be possible to improve the quality of providing care through displaying the goals for patients in the clinical pathway and analyzing the variances (patient outcomes that do not meet the expectation of the pathway). Moreover, this system may provide us the opportunities of multidisciplinary intervention and evidence-based medicine. However, without physician support of the pathway, it is unlikely to achieve any of cost-saving or quality goals. Although clinical pathway techniques were first developed in the States because of economical incentives, it must be reconstituted under the current Japanese health care setting.

収録刊行物

  • 日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine

    日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 9(2), 95-102, 2002-04-01

    The Japanese Society of Intensive Care Medicine

参考文献:  41件中 1-41件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008940374
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10474053
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13407988
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ