日本人における一塩基多型と歯周炎との関連性について Association of Single Nucleotide Polymorphisms with Periodontitis in the Japanese Population

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鈴木 麻美 SUZUKI Asami
    • 日本歯科大学歯学部歯周病学講座 Department of Periodontology, School of Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University
    • 沼部 幸博 NUMABE Yukihiro
    • 日本歯科大学歯学部歯周病学講座 Department of Periodontology, School of Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University
    • 鴨井 久一 KAMOI Kyuichi
    • 日本歯科大学歯学部歯周病学講座 Department of Periodontology, School of Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University

抄録

ポストシークエンスの時代に入り, 複数の遺伝子と環境因子が関与して発症する多因子性疾患の危険因子の探求が注目されるようになってきた。'ありふれた病気'の一つである歯周炎の発症および進行には, 口腔内環境や生体の免疫応答が関与していると考えられ, 歯周炎についての遺伝子学的検索が求められている。本研究では, 一塩基多型 (SNPs) 解析により歯周炎の関連因子の検討を行った。SNPsは, DNA配列中に見られる多型のうちもっともよく見られる多型で, SNPs解析は多くの遺伝子の解析が可能である。<BR>被検者は, 早期発症型歯周炎患者 (EOP) 13人, 成人性歯周炎患者 (AP) 9人, 健常者19人とした。本研究は, インターロイキン1 (IL1), 腫瘍壊死因子α (TNFα) 等の歯周炎候補遺伝子の一塩基多型 (Single Nucleotide Polymorphisms: SNPs) 計59について, TaqMan PCR法により, 歯周炎との関連について検討すること目的とした。また, SNPsの選択には, 連鎖不平衡を考慮した。<BR>その結果, 早期発症型歯周炎群とコントロール群では, カテプシンG (CTSG) と腫瘍壊死因子レセプター関連因子1 (TRAF1) において有意差 (P<0.05) が認められた。成人性歯周炎群とコントロール群では, インターロイキン10レセプターβ (IL10RB) とマトリックスメタロプロテアーゼ9 (MMP9) において有意差が認められた。また, 早期発症型歯周炎群と成人性歯周炎群では, インターフェロンγ (IFNG) において有意差が認められた。<BR>以上のことから, 早期発症型歯周炎においては, CTSGの関与が推測された。成人性歯周炎においては, IL10RBとMMP9の関与が推測された。さらに, 早期発症型歯周炎と成人性歯周炎においては, IFNGの関与に相違があるものと推測された。<BR>本研究より, 今後日本人の標準SNPsのデータベースであるJSNPに登録されているSNPsのさらなる解析により, 日本人における歯周炎の遺伝子学的な関連因子の解明につながる可能性が示唆された。

In the time of the post sequence, attention has been increasingly focused on risk factors of 'common disease', caused by genetic and environmental factors. The oral environment and host immune response cause periodontitis and its progression, necessitating a better understanding of the genetic relationship to periodontitis. We studied relative factors of periodontitis with single nucleotide polymorphisms (SNPs) analysis. SNPs are the most common form of DNA sequence variation and their analysis covers many genes.<BR>Subjects were 13 early-onset (aggressive) periodontitis patients, 9 adult (chronic) periodontitis patients, and 19 healthy controls. We studied the association of 59 single nucleotide polymorphisms (SNPs) in candidate genes of periodontitis, such as interleukin 1 (IL 1) and tumor necrosis factor α (TNFα), with periodontitis using the TaqMan polymerase chain reactions. SNPs were selected based on linkage disequilibrium.<BR>Significant differences were seen in the frequency (p<0.05) in genotypes on cathepsin G (CTSG) and TNF receptor-associated factor 1 (TRAF 1) between early-onset periodontitis patients and controls. Significant differences were also detected in the frequency in genotypes on interleukin 10 receptor β (IL 10 RB) and matrix metalloproteinase 9 (MMP 9) between adult periodontitis patients and controls. A further significant difference was seen in the frequency in genotypes on interferon γ (IFNG) between earlyonset and adult periodontitis patients.<BR>These results suggest an association of SNPs on CTSG and TRAF 1 in early-onset periodontitis and on IL 10 RB and MMP 9 in adult periodontitis and a difference of SNPs on IFNG in early-onset and adult periodontitis.<BR>Further studies of SNPs registered in a Japanese SNPs database of JSNP, would thus clarify genetic risk factors in periodontitis. J Jpn Soc Periodontol, 44: 159-167, 2002.

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌

    日本歯周病学会会誌 44(2), 159-167, 2002-06-28

    JAPANESE SOCIETY OF PERIODONTOLOGY

参考文献:  37件中 1-37件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008957089
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ