慢性歯周炎に起因する過蓋咬合症例の矯正的固定源としてのチタンスクリューの応用 Titanium Screw Orthodontic Anchorage in an Overbite Case Due to Chronic Periodontitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

長期間, 全顎におよぶ慢性歯周炎に罹患すると著しい下顎切歯の挺出を伴う過蓋咬合が生ずることがある。その矯正治療を行う場合, 顎内固定として下顎切歯を圧下するための固定源に骨植堅固な下顎大臼歯を一般に用いる。しかしながら, 下顎切歯の圧下によって生じた相反力が支持歯槽骨の減少した下顎大臼歯に加わる場合, 歯周治療が行われ炎症が消退した症例であっても種々の問題を引き起こすことがある。そこで, 本症例報告では歯周治療後, 顎内固定として大臼歯に代わりオトガイ部皮質骨に植立したチタンスクリューを固定源とした矯正治療を行った。その結果, 下顎切歯の圧下が達成され5mmの圧下量を示し良好な咬合関係が確立され, かつ審美の改善もなされた。

Long-term generalized chronic periodontitis often causes overbite with excessively elongated lower incisors. In such cases, healthy lower molars are usually chosen for orthodontic anchorage to intrude lower incisors. Reciprocal force loading produced by incisal intrusion on molars with loss of supporting alveolar bone is detrimental, however, even if periodontal treatment eliminates inflammation. We describe a case in which titanium screws were implanted in the cortical bone of the chin as intramaxillary anchorage, resulting in succesful intrusion of the elongated lower incisors, 5 mm at the edge, resulting in a proper occlusal relationship and esthetic improvement of the lower face. J Jpn Soc Periodontol, 44: 206-212, 2002.

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌

    日本歯周病学会会誌 44(2), 206-212, 2002-06-28

    JAPANESE SOCIETY OF PERIODONTOLOGY

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008957222
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ