1型糖尿病患者児の学校における療養行動 : (1) 療養行動に伴う困難感 Self-care Behavior of Children with Type 1 Diabetes Mellitus during School Life : (1) Feeling of Difficulty with Self-care Behavior

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

小学3年から高校3年までの1型糖尿病患児38名の学校生活での療養行動とそれに伴う困難感を検討した. 療養行動をしている割合は, インスリン自己注射81.6%, 血糖自己測定44.7%, 間食, 補食摂取31.6%であった. 療養行動の施行場所は, 小学生では主に保健室であったが, 中高生ではトイレや教室が多く, 94.7%の児がいずれかの療養行動を行っており, その50%が「しにくい」と感じていた. 困難感を抱く理由には, 療養行動を不思議がられたり, 特別視されることによるものが多い. また97.4%が低血糖症状を経験していたが, 病気や療養行動を知られたくないために我慢をする場合や, 保健室に行くことがあった. 以上から多くの患児が学校での療養行動に困難感をもっているため, さらなる学校現場での正しい理解と環境作りが必要と考えられた.

収録刊行物

  • 小児保健研究

    小児保健研究 61(3), 457-462, 2002-05-31

    日本小児保健協会 = The Japanese Society of Child Health

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008968069
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116330
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00374113
  • NDL 記事登録ID
    6172507
  • NDL 雑誌分類
    ZS32(科学技術--医学--小児科学・先天異常・奇形)
  • NDL 請求記号
    Z19-367
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ