保育所における保育士の働きかけと運動量との関連 A Study of Relationship Between Leading bu Teacher and Activities of Children in Kindergarten

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 菊池 透 KIKUCGI Toru
    • 新潟大学大学院歯学総合研究科, 生体機能調節医学, 内部環境医学講座, 小児科学分野 Division of Pediatrics, Depaertments of Homeostatic Regulation and Development, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences
    • 山崎 恒 YAMAZAKI Hisashi
    • 新潟大学大学院歯学総合研究科, 生体機能調節医学, 内部環境医学講座, 小児科学分野 Division of Pediatrics, Depaertments of Homeostatic Regulation and Development, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences
    • 亀田 一博 [他] KAMEDA Kazuhiro
    • 新潟大学大学院歯学総合研究科, 生体機能調節医学, 内部環境医学講座, 小児科学分野 Division of Pediatrics, Depaertments of Homeostatic Regulation and Development, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences
    • 樋浦 誠 HIURA Makoto
    • 新潟大学大学院歯学総合研究科, 生体機能調節医学, 内部環境医学講座, 小児科学分野 Division of Pediatrics, Depaertments of Homeostatic Regulation and Development, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences
    • 仁科 正裕 NISHINA Masahiro
    • 新潟大学大学院歯学総合研究科, 生体機能調節医学, 内部環境医学講座, 小児科学分野 Division of Pediatrics, Depaertments of Homeostatic Regulation and Development, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences
    • 内山 聖 UCHIYAMA Makoto
    • 新潟大学大学院歯学総合研究科, 生体機能調節医学, 内部環境医学講座, 小児科学分野 Division of Pediatrics, Depaertments of Homeostatic Regulation and Development, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences

抄録

新潟県内の3保育所の男28名,女35名の6歳児を対象に,2日間の歩数調査に行い,保育内容が幼児の運動量に及ぼす影響を検討した。調査日1は,屋外を中心に自由に遊ばせる保育をした日とし,調査日2は,保育所の敷地外へ散歩に連れて行き積極的に活動させた日とした。調査日1および2の歩数を歩数1および歩数2とした。男女とも歩数2の方が歩数1よりも多かった。また,歩数1がその平均よりも多い対象を活発群,少ない群を非活発群としたところ,男女とも歩数2-歩数1は,非活発群の方が,活発群よりも多かった。活動的な保育内容にすることによって,普段活発でない幼児ほど運動量の増加が期待できると推測された。また,3保育園間で歩数1および歩数2の差がみられ,特に歩数2で,その差が顕著であった。保育士の働きかけの差が歩数の増加と関連していると推測された。幼児期の運動量の確保および運動習慣の育成のためには,保育所での保育内容への指導が必要かつ有効であると考えられた。

収録刊行物

  • 小児保健研究

    小児保健研究 61(3), 470-474, 2002-05-31

    日本小児保健協会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008968109
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116330
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00374113
  • NDL 記事登録ID
    6172531
  • NDL 雑誌分類
    ZS32(科学技術--医学--小児科学・先天異常・奇形)
  • NDL 請求記号
    Z19-367
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ