特発性全般てんかんにおける断薬の可能性について Withdrawal of Antiepileptic Drugs in Patients with Idiopathic Generalized Epilepsy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

特発性全般てんかんと診断され、発作消失から2年以上経過し、当院において断薬を試みた症例を後方視的に検討した。減量中もしくは断薬後1年以内に再発したものは36例中12例 (33%) であった。再発する危険が高い因子は、発症年齢が13歳以上18歳未満 (P<0.005) 、罹病期間が4年以上 (P<0.05)、発症から発作消失するまでに出現した全般性強直間代発作 (GTC) の回数が6回以上 (P<0.05) 、若年性ミオクロニーてんかんまたは覚醒時大発作てんかん (P<0.05) で、特に発症年齢が13歳以上18歳未満のものは9例のうち7例が再発した。またミオクロニー発作や覚醒時のGTCを持つ症例では再発の危険が高い傾向にあった。抗てんかん薬の減量は、特発性全般てんかんにおいても、危険因子の有無を考慮して慎重に判断すべきであることが示唆された。

We studied risk factors of relapse after antiepileptic drug withdrawal in a retrospective analysis of 36 patients with idiopathic generalized epilepsy. These patients had been free of seizures for at least 2 years. Twelve patients (33%) experienced a recurrence <1 year after discontinuation or during antiepileptic drug withdrawal. Risk factors statistically related to seizure recurrence were as follows: onset in adolescence (13-18 years old) (p<0.005); >4 years duration of illness (p<0.05); >5 generalized tonic clonic seizures before control (p<0.05); juvenile myoclonic epilepsy or epilepsy with grand mal seizures on awakening (p<0.05). We conclude that these risk factors are decisive in judging whether antiepileptic drugs should be discontinued or not in patients with idiopathic generalized epilepsy.

収録刊行物

  • てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society

    てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society 15(1), 1-6, 1997-02-28

    一般社団法人 日本てんかん学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008972416
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10043823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09120890
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ