生理食塩水静脈注射による疑似発作の誘発試験 Induction Test of Pseudoseizures using Intravenous Saline Placebo

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加藤 昌明 KATO Masaaki
    • 国立精神神経センター武蔵病院精神科 Department of Psychiatry, National Center Hospital for Mental, Nervous and Muscular Disorders, NCNP
    • 石田 孜郎 ISHIDA Shiro
    • 国立精神神経センター武蔵病院精神科 Department of Psychiatry, National Center Hospital for Mental, Nervous and Muscular Disorders, NCNP
    • 大沼 悌一 ONUMA Teiichi
    • 国立精神神経センター武蔵病院精神科 Department of Psychiatry, National Center Hospital for Mental, Nervous and Muscular Disorders, NCNP
    • 寺田 倫 TERADA Tomo
    • 国立精神神経センター武蔵病院精神科 Department of Psychiatry, National Center Hospital for Mental, Nervous and Muscular Disorders, NCNP
    • 平井 茂夫 HIRAI Shigeo
    • 国立精神神経センター武蔵病院精神科 Department of Psychiatry, National Center Hospital for Mental, Nervous and Muscular Disorders, NCNP
    • 新垣 浩 ARAGAKI Hiroshi
    • 国立精神神経センター武蔵病院精神科 Department of Psychiatry, National Center Hospital for Mental, Nervous and Muscular Disorders, NCNP
    • 穴見 公隆 ANAMI Kimitaka
    • 国立精神神経センター武蔵病院精神科 Department of Psychiatry, National Center Hospital for Mental, Nervous and Muscular Disorders, NCNP

抄録

Jeremy D.Slaterらによって報告された疑似発作を誘発する方法にわれわれなりの検討を加えて (武蔵変法) 、疑似発作の誘発を試み、その有効性を検討した。方法は、患者に対して「この注射で必ず発作が起こります」と暗示を与え、生理食塩水 (生食) 20mlを静脈注射 (静注) し、全経過をビデオ脳波同時記録装置で記録した。疑似発作を疑われる症状を示す9例 (疑似発作を疑われる症状と、てんかん発作を合わせ持つ6例、疑似発作を疑われる症状のみを示す3例) にこの試験を実施し、6例に疑似発作が誘発された。疑似発作の誘発率は、てんかん発作と疑似発作の合併例で、6例中3例 (50%) であるのに対し、疑似発作のみを示す患者では3例中3例 (100%) で、疑似発作のみを示す患者に特に高い誘発効果があると思われた。てんかん発作は1例も誘発されなかった。誘発試験による副作用はなかった。誘発試験後の疑似発作の転帰は、4例が消失、3例が軽快、2例が不変で、増悪例はなかった。Slaterらの試験の誘発効果を確認し、本試験は疑似発作とてんかん発作の鑑別の一助として有効と思`われ、さらに彼らは触れていないが、われわれの試験法では疑似発作に対する治療効果も持つ可能性を示した。

The value of a pseudoseizure induction test was examined. All patients with pseudoseizures admitted to our epilepsy unit underwent an induction test with intravenous normal saline placebo. The diagnosis was established by reviewing history, inter-ictal and ictal EEG findings, serum prolactin levels, and psychiatric and psychological evaluations.<BR>Out of 9 patients who received the test, 6 patients had both epileptic seizures and pseudoseizures and 3 patients had pseudoseizures only. In 6 of the patients, pseudoseizures were successfully induced. Pseudoseizures were induced in 50% of the patients with bothe epileptic seizures and pseudoseizures and in 100% of the patients with pseudoseizures only. After the pseudoseizure induction test, pseudoseizures had disappeared in 4 patients, improved in 3 patients, and did not change in 2 patients. There were no deteriorated cases by this test.

収録刊行物

  • てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society

    てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society 15(2), 100-109, 1997-06-30

    一般社団法人 日本てんかん学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008972499
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10043823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09120890
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ