抗痙攣薬投与で増悪したbenign neonatal sleep myoclonusの1例 A Case of Benign Neonatal Sleep Myoclonus Aggravated Following Administration of Anticonvulsant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生後3日目から上肢の間代発作様のミオクロヌスが出現し、フェノバルビタール (PB) の投与で増悪したbenign neonatal sleep myocionus (BNSM) の1例を報告した。発作時脳波で異常がないためにPBを漸減-中止したところ、発作は減少し、生後1カ月時点で完全に消失した。本例はPBの過剰により睡眠時間が増加し、それに伴って発作頻度が増加したものと思われた。発作が顕著な場合は、難治の新生児痙攣に間違われることもあり、BNSMの存在を念頭にいれること、基本的なことではあるが発作同時脳波記録の重要性が再確認された。

We report a case of benign neonatal sleep myoclonus (BNSM) aggravated following administration of phenobarbital(PB). This baby demonstrated massive myoclonus of the upper extremities since the age of 3 days. The frequency of myoclonic jerks was increased by PB administration, and she was referred to our hospital at 16 days old. An electroencephalogram recorded during myoclonic jerks showed no epileptiform discharge. The myoclonic jerks gradually decreased after discontinuation of PB, and disappeared completely by the age of 1 month. The myoclonus was thought to be aggravated by the increase of sleep induced by PB.

収録刊行物

  • てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society

    てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society 15(2), 129-132, 1997-06-30

    JAPAN EPILEPSY SOCIETY

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008972567
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10043823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09120890
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ