口蓋扁桃摘出術によおける術後出血の検討 Posttonsillectomy hemorrhage

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1988年1月から1997年8月までに, 関西医大耳鼻咽喉科で全身麻酔下に口蓋扁桃摘出術を施行された725例を対象とし, このうち術後出血例につき検討した.その結果, 11例 (1.5%) で術後出血が見られ, 6例 (0.8%) は再度の全身麻酔が必要な症例であった.習慣性扁桃炎の11~20歳の年齢層に術後出血が生じやすく, 出血部位は左に多く, 出血時期は術後24時間以内に多く見られた.扁桃摘出術に際し, こうした事項の認識が重要であると考えた.

This is a retrospective review of 725 tonsillectomies performed under general anesthesia from 1988 to 1997 at Kansai Medical University Hospital. The total incidence of postoperative bleeding was 11 cases (1.5%). Six cases (0.8%) required a second general anesthesia to repair the bleeding. Postoperative bleeding often occurred in cases of habitual angina, in case of patients 11-20 years of age, within 24 hours after the tonsillectomy, or in the left-sided tonsillar fossa. The risks and importance of management after a tonsillectomy, operation. should be fully rearized.

収録刊行物

  • 口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology

    口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology 13(2), 237-241, 2001-02-28

    日本口腔・咽頭科学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

ページトップへ