G8福岡・宮崎サミット2000に伴う症候群サーベイランスの評価 An Evaluation of Syndromic Surveillance for the G8 Summit in Miyazaki and Fukuoka, 2000

この論文をさがす

著者

    • 松井 珠乃 MATSUI Tamano
    • 国立感染症研究所実地疫学専門家養成コース(FETP) Field Epidemiology Training Program, National Institute of Infectious Diseases
    • 田中 毅 TANAKA Takeshi
    • 国立感染症研究所実地疫学専門家養成コース Field Epidemiology Training Program, National Institute of Infectious Diseases
    • 加來 浩器 KAKU Koki
    • 国立感染症研究所実地疫学専門家養成コース Field Epidemiology Training Program, National Institute of Infectious Diseases
    • 小坂 健 OSAKA Ken
    • 国立感染症研究所感染症情報センター Infectious Disease Surveillance Center, National Institute of Infectious Diseases
    • 岡部 信彦 OKABE Nobuhiko
    • 国立感染症研究所感染症情報センター Infectious Disease Surveillance Center, National Institute of Infectious Diseases

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 76(3), 161-166, 2002-03-20

    日本感染症学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008978582
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    6127346
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ