ブローカ失語患者とその家族に情報伝達促進法を用いて行った訓練 A Trial Study of the Use of Promoting Information Transmission Therapy (PIT) in Improving Communication between a Patient with Broca's Aphasia and his Spouse

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,患者から家族への談話レベルの情報伝達を促進させるために「情報伝達促進法」を実施した.対象はブローカ失語患者1例とその家族で,13回の訓練の結果,情報伝達成功率が55%から87%に改善した.

This study examines the use of Promoting Information Transmission (PIT) therapy to improve the level of communication between a man with Broca's aphasia and his wife. After thirteen sessions of PIT therapy, the level of accuracy in communication between the couple increased from 55% to 87%.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 17(3), 145-149, 2000-12-25

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008982134
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    5632313
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ