痴呆性疾患の病理 The Neuropathology of Dementia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

痴呆の代表的病型であるアルツハイマー病と脳血管性痴呆の脳病変についてのべた.アルツハイマー病の主な脳病変はアルツハイマー神経原線維変化および老人斑である.脳血管性痴呆については,その代表的病型であるビンスワンガー病の脳病変が,ラクナ(深部小梗塞)および皮質下白質変性から成り,小血管病変が原因となることを示した.これらの痴呆性疾患の診療および研究には,臨床的および病理学的診断を標準化するための診断基準が必要であり,その診断基準作成にあたっての問題点を示した.さらに,アルツハイマー病とビンスワンガー病に合併するさまざまの型の脳血管障害を示し,両疾患において,脳血管障害が精神・神経機能の障害の進行に密接に関与することを強調した.

This study discusses pathological changes seen in the brains of patients with Alzheimer's disease (AD) and vascular dementia (VaD), representative types of dementia. The cardinal pathological changes in AD consist of neurofibrillary tangles and senile plaques. In regards to VaD, the pathological changes in the brain in BD (which is a typical example of VaD) indicate that lacunae and subcortical white matter changes result from small vessel disease. For the purpose of research and treatment of patients suffering from such forms of dementia, diagnostic criteria are needed in order to standardize clinical and pathological diagnoses. Problems in establishing such diagnostic criteria are discussed. In addition, various vascular lesions complicating AD and BD were shown to aggravate cognitive and neurological functions.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 17(3), 165-170, 2000-12-25

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008982152
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    5632355
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ