寛骨臼回転骨切り術後に生じた移動臼蓋の骨壊死に対するサルベージ手術として棚形成術を行った1例 Hip-shelf procedure in the treatment of osteonecrosis of the transpositioned acetabulum after rotational acetabular osteotomy

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本整形外科學會雜誌

    日本整形外科學會雜誌 75(11), 639, 2001-11-25

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008982406
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193637
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215325
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ