脊髄運動路モニタリングにおける複合筋活動電位(CMAP)の振幅低下と運動機能障害の関係についての実験的研究 Discrepancy between decreases in the amplitude of compound muscle action potential amplitude and loss of motor function caused by the ischemic and compressive insults to the spinal cord

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本整形外科學會雜誌

    日本整形外科學會雜誌 76(2), 131-132, 2002-02-25

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008982579
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193637
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215325
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ