当科過去10年間における顎関節症患者の臨床統計的検討 A clinico-statistical study of temporomandibular joint disorders

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 当真 隆 TOMA Takashi
    • 社会保険広島市民病院歯科口腔外科 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Hiroshima City Hospital
    • 中野 誠 NAKANO Makoto
    • 社会保険広島市民病院歯科口腔外科 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Hiroshima City Hospital

抄録

顎関節症の疫学的研究によると, 一般人においてなんらかの顎関節症症状を自覚している人の頻度は14~58%で, 他覚的な症状を有する人は41~88%といわれている。また, 顎関節症症状を訴えていない一般の歯科患者の中にも, 顎関節症患者は潜在しているものと思われる。<BR>近年, 患者側の関心度の高まりや, 豊富なマスメディア情報などにより, 顎関節症を主訴として受診する患者が年々増加している。<BR>今回われわれは, 1990年1月から1999年12月までの過去10年間に当科を来院し顎関節症と診断された1, 660症例について, その症型分類, 男女比, 年齢, 年度別推移などについて臨床統計的検討を行い, 知見を得たので報告する。<BR>全症例の症型分類については, I型19.7%, II型22.3%, III型48.4%, IV型9.2%, その他のもの0.4%でIII型が最も多かった。性別では, 1, 660症例中男性478例, 女性1, 182例で男女比は1: 2.47と女性が圧倒的に多かった。年齢別では20歳台 (26.5%) を中心とした大きなピークと50歳台 (15.4%) を中心とした小さなピークの二峰性分布を示していた。年度別症型推移では, 近年の特徴としてIII型, II型, IV型が増加傾向で, I型, その他のものは横ばい傾向であった。また, 年度別・年齢別推移では特に20歳台, 50歳台が年々増加傾向にあり, その他の年代はここ10年間ほぼ横ばい傾向であった。

The etiology of temporomandibular joint disorders remains unclear, despite recent progress in several diagnostic methods. To obtain more information on this disease, we performed a clinical evaluation of 1, 660 patients with temporomandibular joint disorders, who visited our department during the 10 years from January 1990 to December 1999. They were classified into 5 types based on a new classification proposal advocated by the Japanese Society of Temporomandibular Joint in 1996. The patients consisted of 478 males and 1, 182 females, and the ratio of males to females was 1: 2.47. The distribution of age groups had two peaks, in the 20s and 50s. The type distribution in our cases was as follows: Type III was most frequent (48.4%), followed by Type II (22.3%), Type I (19.7%), Type IV (9.2%), and Others (0.4%). The recent transition is that Types III, II and IV are increasing, but Type I and Others remain on the side level. And age transition is that twenties and fifties are increasing, but another ages remain on the side level.

収録刊行物

  • TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌

    TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌 13(2), 219-225, 2001-08-20

    The Japanese Society for Temporomandibular Joint

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

ページトップへ