転移性腫瘍と考えられる悪性腫瘍により顎関節部が浸潤された2例 Temporomandibular joint involvement caused by metastatic tumor : Report of two cases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

われわれは, 大腸と肺野からの転移性腫瘍と考えられる悪性腫瘍により顎関節部に浸潤のみられた2例の画像所見について報告する。<BR>1. パノラマX線像とX線CT画像で, 下顎頭内には虫喰い様あるいは不規則な骨破壊像と骨皮質の断裂・消失像が認められ, これらは悪性の所見を示唆していた。<BR>2. 顎関節部病変に対するMRIの応用は, 病変の局在診断のみでなくその良悪性の鑑別にも有効であった。自験例におけるMR画像所見については, 顎関節部の境界不明瞭な腫瘍塊と腫瘍浸潤による下顎頭内の骨髄信号の変化が明瞭に観察された。<BR>3. 骨シンチグラムは従来のX線像より感度が高く, 転移性骨病変の検出に優れていた。

Two cases of metastatic tumor from the colon and lung to the temporomandibular joint (TMJ) are presented.<BR>1. Panoramic and CT images demonstrated moth-eaten or irregular bony destruction and loss of the cortical layer of the condylar process, suggestive of malignancy.<BR>2. MR imaging was valuable for visualizing the extent of lesions and differentiating benignity from malignancy of lesions in the TMJ. In this study, MR images revealed tumor mass involvement with an ill-defined margin on the TMJ. In addition, bone marrow signal changes were observed in the condylar process, indicating tumor involvement.<BR>3. Radioisotope bone scanning has been determined to be more sensitive than conventional radiography in the detection of metastatic bone lesions.

収録刊行物

  • TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌

    TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌 13(2), 226-229, 2001-08-20

    The Japanese Society for Temporomandibular Joint

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

ページトップへ